スターウォーズ pc

スターウォーズ PC版 バトルフロントで撃ち勝つパソコン選び方をご紹介


当サイトではスターウォーズ バトルフロント PC版の目玉『 最大40人参加のマルチプレイ 』で勝ち続けるために必要なPCをご紹介していきます。(バトルフロントの発売日は2015年11月19日)

『勝ち続けるために必要なPC=フレームレート100fps以上出せるPC』を指します。

フレームレートの数値が高いほどヌルヌル動き周ることができ、撃ち負ける確率も激減します。(PS4は60fpsまで)

ではスターウォーズ バトルフロントのプレイ動画(ベータテスト)を参考にどのくらいのPCスペックが必要なのか調べてみました。

各グラボ(GTXシリーズ)のベータテストでのフレームレート比較動画

2015年10月8日から15日に行われたスターウォーズ バトルフロント PC版のベータテストの様子をご紹介いたします。

フルHD最高画質でGTX960・GTX970・GTX980のフレームレートを比較した動画がありました。ざっと見た感じ最高画質では

  • GTX960は平均55fps
  • GTX970は平均75fps
  • GTX980は平均100fps
(動画で観たい方は画像をクリック)


フレームレート100fps以上はGTX980だけ。でも画質を下げるとGTX960もイケる!

「フレームレート100fpsはGTX980以上なのか」

と、決めつけるのは早い!まだ方法はあります。

さらにフレームレートを上げたい場合画質を下げます。そうなると、どれくらい画質が劣化するのか調べました。

世界が驚いた!低画質と最高画質の差が分からない

バトルフロントでの低画質と最高画質を比較すると、

見た感じ違いが分かりません。よ〜く見ると最高画質に比べ低画質は岩の影や装備の汚れなどが若干軽減されている程度。(比較動画はコチラ

もう、低画質でも十分楽しめるクオリティーです。ではフレームレートはどうなるのでしょうか?

低画質設定にするとフレームレートは約2倍アップ!!

GTX960でフルHDの低画質でプレイしている動画です。(動画を見るには画像をクリック!フレームレートは右上に表示)

GTX960の最高画質は平均55fpsなのに対して、低画質にするとフレームレートは一気に平均110fps!。なんとヌルヌルプレイができるほどのフレームレートです。

この結果から低画質でもクオリティーはほとんど劣化せず、GTX960でも十分なパフォーマンスを発揮できる!ことが分かります。

GTX960搭載でおすすめのパソコン

GTX960搭載PCでプレイするならオススメは【GALLERIA XT (ガレリア XT)】

GTX960に最新CPU Core i7-6700搭載してるパソコンです。
GALLERIA XT (ガレリア XT)

windows7もあります。
販売元 ドスパラ
価格 131,980 円 〜 (+税・送料別)
グラボ NVIDIA GeForce GTX960 2GB
CPU インテル Core i7-6700 (クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
メモリー 8GB DDR4 SDRAM(PC4-17000/4GBx2/デュアルチャネル)
ハードディスク 2TB HDD (SATA3)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ

推奨スペックに近いパソコン

推奨スペックに近いパソコンでおすすめは【GALLERIA XF (ガレリア XF)】

CPUは推奨スペックより性能が上のものを搭載しています。しかし推奨スペックではメモリー16GBなのに、紹介しているPCはメモリーが8GB。

増設したい場合はリンク先の『構成内容を変更する』でメモリーを16GBに増設することができます。
GALLERIA XF (ガレリア XF)

windows7もあります。
販売元 ドスパラ
価格 154,980 円 〜 (+税・送料別)
グラボ NVIDIA GeForce GTX970 4GB
CPU インテル Core i7-6700 (クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
メモリー 8GB DDR4 SDRAM(PC4-17000/4GBx2/デュアルチャネル)
ハードディスク 2TB HDD (SATA3)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ

GTX980、GTX980Ti、GTX Titan Xを搭載しているPCも集めましたのでどうぞ!!

グラボ別でPC検索
GTX960 GTX970 GTX980 GTX980 Ti GTX Titan X

スターウォーズ バトルフロントのマルチプレイではあのシーンを体験できる!

アナタはスター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲をご存知でしょうか?帝国の逆襲ではこのようなシーンがありました。

なんとこのシーンをゲームで体験できます。

クオリティは実写レベル

どれくらいのクオリティーでプレイできるのか?ゲーム開発元EAが公開したスターウォーズ バトルフロントのトレイラーをどうぞ!

もう実写レベル。バトルフロントではオンライン対戦で帝国軍または反乱軍としてプレイできるだけでなくルークやダース・ベイダーとしてプレイすることができます

最大参加人数は40人(20vs20)。帝国軍として反乱軍の基地を壊すか、反乱軍として帝国軍から基地を守ることができます!

さらに空中戦onlyのモードもあります。

現在公開されているモードはこの2つで、発売の時には合計9つのモードが追加されます。

 

スターウォーズ バトルフロントやりたい!

 

オレの活躍でチームを勝利に導きたい!

 

敵に撃ち勝ちたい!

 

でも・・・PCって何がいいの?

と言う方。スターウォーズ バトルフロントのようなFPSゲームでは上手くなる&強いプレイヤーの条件としてPCスペックが重要と言っても大げさではありません。

そこでアナタが相手側から強敵と思われるにはどれくらいのPCが必要なのかご紹介していきます。

マルチプレイで勝ちたいなら最低でも推奨スペック

PCゲームでは必要スペックと推奨スペックの2つが公開されます。PCを購入するときどちらのスペックを参考にしたらいいのかというと推奨スペックです。

  • 必要スペック・・・これ以下のスペックではスターウォーズ バトルフロントするのはできない
  • 推奨スペック・・・快適にプレイするのに求められる最低限のスペック

Youtubeやニコニコ動画などで上手いと言われているプレイヤーは対象ゲームの推奨スペック以上のPCでプレイしています。

例えば、サッカーが上手くなりたければ最低でもサッカーボールは必要。と同じようにFPSゲームで上手くなりたければ最低でも推奨スペック以上のPCは必要です。

当サイトではご紹介しているPCはすべてスターウォーズ バトルフロント PC版の推奨スペック以上のPCです。後はご予算に合わせてお選びいただけます。
当サイトのこだわり
  1. ユーザー満足度の高いBTOショップ4社のPCをご紹介。
  2. スターウォーズ バトルフロントの推奨スペックを満たしているPC一覧もご用意。
  3. 各社のPCをグラボ別に検索できます。
  4. 各社のPCを価格比較できます。

価格別で検索
10万円から 15万円から 20万円から 25万円から 30万円から

低画質でもプレイできればいい方【GTX960】

スターウォーズ バトルフロントを低画質でもいいからプレイしたい方はGTX960がおすすめです。ベータテストではモニター解像度はWQXGA (2560*1600)では低画質でもプレイすることが難しくなるのでフルHD(1920*1080)がおすすめです。

さらにフレームレートを上げたいときはモニター解像度を1920*1080から1600*900など下げるとフレームレートを上げることができます。(※フレームレートの数値が高いほどヌルヌル動くことができ撃ち負けることが減ります)

最高画質でプレイしたい方【GTX970以上】

最高画質でプレイしたい方はGTX970以上のグラボ搭載PCがおすすめです。最高画質でも求めるフレームレートによっておすすめのグラボが変わってきます。

  • 最高画質でフレームレートは60fpsなら合格という方はGTX970
  • 最高画質でフレームレートは60fps以上は欲しいという方はGTX980
  • 最高画質でフレームレートは100fps以上は欲しいという方はGTX980Ti
  • 最高画質でフレームレートは100fps以上が安定して欲しいという方はGTX Titan X
【最高画質でプレイ】におすすめのPCをご紹介
フレーム
レート
60fps 60fps以上 100fps以上 安定して100fps以上
おすすめの
解像度
(モニター)
フルHD フルHD フルHD フルHD
おすすめの
グラボ
GTX970 GTX980 GTX980 Ti GTX Titan X
グラボ別でPC検索
GTX960 GTX970 GTX980 GTX980 Ti GTX Titan X

PCパーツのアレコレ!

PCパーツの役割を簡単に解説します。

グラボを画質や解像度別にご紹介

サンプルサイト

STARWARS バトルフロント用にグラボは何と搭載したらいいのか悩みます。例えばアナタの目的(画質・解像度・フレームレート)によってグラボは変わってきます。

≫詳細ページ

CPUをを目的別にご紹介

サンプルサイト

いくら高性能のCPUを搭載してもグラボの性能が低いとCPUの性能を活かすことができません。また逆にグラボの性能がいいのにCUの性能が低いとグラボの性能を活かすことができません。

≫詳細ページ

メモリー数は目的によって変わる

サンプルサイト

スターウォーズ バトルフロント用にPCを購入予定の方にとってメモリーはどれくらい搭載したらいいのかご紹介いたします。メモリー数は目的によって変わります。

≫詳細ページ

モニター選び4つのポイント

サンプルサイト

普通のモニターとゲーム用モニターはまったく違います。ゲーム用モニター(ゲーミングモニター)はゲームに最適化されているためキャラクターの動くが通常のモニターより滑らかになります。

≫詳細ページ

撃ち負けないマウス選び

サンプルサイト

通常のマウスと違いゲーム用マウス=ゲーミングマウスは耐久性や反応速度に優れているためSTARWARS バトルフロント PCでは必要不可欠となります。

≫詳細ページ

初心者向けキーボード選びのポイント

サンプルサイト

スターウォーズ バトルフロント PC版でFPSゲームデビューする方でキーボードをお探しの方にキーボード選びのポイントをご紹介いたします。

≫詳細ページ

FPSゲームが日々上手くなる方法

サンプルサイト

スターウォーズ バトルフロントをプレイして行くうちに自分の上達力も気になるようになります。そこで今日の反省を明日に活かして、日に日に上達していく方法をご紹介します。

≫詳細ページ

ヘッドセットで敵の位置を丸裸にしよう

サンプルサイト

スターウォーズ バトルフロントなどマルチプレイができるFPSゲームでやられて悔しい思いをする1つに『後ろからの不意打ち』です。

≫詳細ページ

人気ページランキング